あくびコミュニケーションズのウォンテッドリーページ

あくびコミュニケーションズのウォンテッドリーページ


私たちについて
【社名の由来】
あくびコミュニケーションズの社名は「明来日(あくび)」という漢字からなり、企業理念に基づいて名付けられました。
【企業理念】
明るい明日が来るような生活インフラサービスを提供し、生活の質の向上を創造し、お客様・取引先・従業員の物心両面の幸福を追求すること。
顧客満足、社員満足を追求し、関わる全ての人がHappyになれる関係を目指します。
そのため、弊社では少しでもプラスだと思った事は年次・誰にでも関係なくみんな意見を出し合います。
社長も従業員と同じ目線で横一列です!


なにをやっているのか
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【強みは自社開発】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
現在弊社はあくびネット、あくび光、あくびモバイルなど
通信回線の自社サービスを持ってます!
また今年度中に、スポーツジム、電力の小売事業などもスタート予定でございます。
世の中のほとんどが代理店という形で、
メーカーが作った商材を販売してます。
しかし、当社は、
自分の会社のブランドで商品企画、販売する!
これからさまざまな領域の新規ビジネスにも
挑戦し続けていきます。
挑戦と成長の社風です。
良いサービスを誇りをもって仕事ができますし、
自社サービスを販売するので、
非常にやりがいと愛着がわきますよ!
自信を持って仕事ができまます。
・営業力を付けたい
・多くの0→1を経験したい
・営業という人と会う仕事を通して、様々な人との繋がりを築きたい
・ベンチャー企業で社長の近くでビジネスを学びたい
・将来起業したい
・マネジメントの経験を積んで、リーダーになりたい
・向上心のある仲間と切磋琢磨して、苦楽を分かち合い、共に成長したい
将来やりたいことや目標はありますか?
まだ決まっていない方、決まっているけど何をしたら良いのか分からない方も多いと思います。
また、将来やりたいことが決まっていても、それを実現する実力がないという方も多いのではないでしょうか?
0→1の実力が求められる弊社のインターンでセールス・マーケティング・マネジメントを学んでいくことで、自分の視野・見える世界が変わっていきます。
もちろん、技術だけではなくセールス・マーケティングスキルも身に付けることによって、社会で活躍するビジネスマンとして第一線で活躍できるでしょう。
0→1の営業力を身に付けて、社会で影響力を持つ人材になってみませんか?
年齢・学年・性別・経験は問いません。
向上心を持ち、情熱を行動に変えられる方を歓迎します。
今は自社サービスのAKUBI光など通信サービスが
メインですが、自社の様々なブランドを作っていく予定です!

なぜやるのか
あくびコミュニケーションズは現在3期目を迎え、初年度からは18倍の成長を遂げるまでに至っております。
現在、経済活性化の名の下、通信事業を始め電気、ガスなど、我々の生活に深いかかわりを持つ多くの公的事業が自由化の方向にあります。
「自由化」は、同時に多くの敵との「闘いの場」となります。
みんな低価格を掲げ、慌てて焦って走り回ります。
しかし真の自由化とは、「電話代が安くなったからもうちょっと話そう」「電気代が安くなったからもう家中のコンセントを抜きまくらなくてもよくなった」など、『お客さまを窮屈な生活から開放されることだ』ということではないでしょうか。
お客さまの快適な生活、ゆとりある生活を実現させることができる企業が生き残れる企業となります。
自由化市場でトップランナーになるために、私たちは常に変化を恐れず挑戦をし顧客の生活の質の向上に向かっていくことが「使命」です。
顧客ニーズや市場の先をちゃんと読みきった素早い行動を実践していかないと、お客さまはすぐに見放しますので常に意識したいところです。
私たちは「行動を起こしてそれが企業ブランドにつなげる」"Action First"(走りながら考えタイムを出す)を基本的な方針と考えております。
当社は、
「大きく変化し続ける組織のなかで仲間と共に圧倒的な成長していきたい」
「0→1何か新しいことを生み出していく挑戦をしたい」
と考えている方に最適な環境です。私たちと、快適な生活を演出するサービスを一緒に作ってみませんか?

どうやっているのか
正社員は30名以下とまだ小さな組織ですが、
ともに社会にインパクトを残すために
働いております。
ACTION FIRSTの行動指針通り、
まずやってみよう。
挑戦していこうという社風になります。
月に1回は決起会、ただの食事だけではなく、
ボーリングやアクティビティーを楽しんでいます。
残業も平均月20時間以内と
やるときはやる、遊ぶときは遊ぶという社風の会社になります。


  • 最終更新:2018-01-26 17:41:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード