あくび光

あくび光

サービスそのままで、光アクセスサービスをプロバイダと一本化あくび光
あくび光は、フレッツ光回線の契約先乗り換えにより、回線やサービスはそのままで、
請求やお問い合わせ先をプロバイダと一本化できる、インターネット光アクセスサービスです。

光回線はそのまま

ご利用いただく場所でNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光をすでにご利用中の場合、お使いのフレッツ光回線をそのまま利用して、あくび光へ乗り換え可能。
工事の必要もなく、「お客さまID」も変更せずに引き継げます。※
※転用に伴い回線の種類が変更になる場合は、別途工事費用が必要となります。この場合、お客さまIDが変更となる場合があります。
ひかり電話もそのまま
あくび光なら、NTT東日本・NTT西日本でこれまで利用していた「ひかり電話番号」も変更することなく、そのまま利用可能。※
また「フレッツ・テレビ」をご利用の場合も、引き続き、あくび光のご契約でご利用いただけます。※
※ 月額利用料金や通話料等がかかります。

ひかり電話もそのまま

あくび光なら、NTT東日本・NTT西日本でこれまで利用していた「ひかり電話番号」も変更することなく、そのまま利用可能。※
また「フレッツ・テレビ」をご利用の場合も、引き続き、あくび光のご契約でご利用いただけます。※
※ 月額利用料金や通話料等がかかります。

光コラボレーションモデル(光コラボ)とは?

2015年、NTT東日本・NTT西日本から光回線サービスの卸売がスタート。サービス提供事業者が自由に価格設定をし、自社のサービスと組み合わせて、より便利な接続サービスとして提供できるようになりました。このサービス提供モデルを「光コラボレーションモデル(光コラボ)」といいます。光回線サービスをフレッツ光から光コラボ事業者のサービスへ契約変更する手続きを「転用」といい、工事などを行うことなくスムーズに契約先を移行することができます。

手続きもワンストップで

これまでプロバイダとNTT東日本・西日本とで、バラバラだったお問い合わせ先や請求が、あくび光なら一本化できます。
サポートもワンストップで提供。さらにオプションの「みまもりパック」をお申し込みいただけば、セキュリティソフトの提供や、パソコンの設定・トラブルのサポートまで、手厚くカバーいたします。

あくび光 サービス概要

利用する場所のお住まいによって料金が異なります。「使ってお得割」なら、3年(36カ月)間の継続利用で毎月の料金が割引に。また、オプションとのセットで、セキュリティサービスがお得にご利用いただけます。
※表示料金はすべて月額(円)・税抜価格です。

あくび光 通常コース

戸建タイプ ¥5,380/月(税抜) マンションタイプ ¥4,150/月(税抜)

あくび光 セキュリティプラスコース

オプションサービス「みまもりセキュリティプラス」とのセットプラン。通常オプション料金760円のところ、プラス600円でご利用いただけます。
戸建タイプ ¥5,980/月(税抜) マンションタイプ ¥4,750/月(税抜)

あくび光が紹介された記事『あくび光、加入者4万』


■探訪コラボ事業者
▼あくびコミュニケーションズの「あくび光」、加入者4万
▼ケア割を展開 介護業界にベクトル

あくびコミュニケーションズの「あくび光」は月3500件のペースで加入者を獲得。
現在は要支援・要介護認定の利用者とその家族を対象にした割引サービス「ケア割」を展開するなど介護業界に軸足を向ける。
あくびコミュニケーションズは、昨年11月からNTT東西の光コラボレーションモデルを活用した「あくび光」を展開している。
あくびコミュニケーションズは昨年3月に設立したばかりのベンチャー企業だが、あくび光を開始以来、月3500件のペースで加入者数を伸ばし、現状の顧客基盤は4万件まで拡大している。
あくびコミュニケーションズの金高伸弘部長は「自社の顧客をつくるのにインフラサービスを提供するのが効果的と考えて、あくびを始めた」とコラボ事業者になった経緯を話す。
順調に推移しているが、この1年はコラボ事業者としての苦労もあったという。
あくびコミュニケーションズでは現在、販売代理店も使っている。
設立間もない会社なので、販売手数料を捻出する為の資金調達も大変だった。
顧客基盤が4万まで来ると、財務基盤もだいぶ安定するので、やっとスタートラインに立ったという思いがあり、来年度以降が勝負だと考えている」と金高氏は述べる。
さらなる飛躍に向け、様々な施策を模索しているところだが、その一環として今月1日から要支援・要介護認定をされている利用者とその家族を対象にした割引サービス「ケア割」(月額最大3400円割引)を前面に打ち出した。通常通信料金は戸建てタイプで月額6700円(税抜、ISP込み)、マンションタイプが月額4550円(税抜、ISP込み)だが、ケア割で、それぞれ月額4880円、3650円になる。
これにプラスして、旅行・レストランなどの優待特典や不用品回収など暮らしをサポートするサービス「あくびライフ」(月額・税抜980円)と遠隔操作でパソコン操作をサポートするサービス「あくびリモート」(月額・税抜600円)も無料で提供する。
金高氏は「当社(あくびコミュニケーションズ)のグループ会社『株式会社あくび』は、埼玉県川口市で介護事業を展開している。当社のブランド戦略として、まず介護事業で、あくび光を浸透させたいと考え、ケア割を投入した」と言及する。
あくびコミュニケーションズでは介護施設と家をICTでつないで気軽にコミュニケーションできる環境を目指している。
MVNO事業者として「あくびモバイル」(月額・税抜3990円)を展開しているが、ケア割を利用者に対して無料で提供することも念頭に置いているという。
来年1月からは「あくび電気」も展開。
さらに将来的には「あくびガス」の投入も視野に入れる。
「当社は、生活全般のサービスを提供する会社として100億円企業を目指している。ゆくゆくは教育分野のサービスも創出したい」と金高氏は展望を語る。

あくび光のクチコミ

あくび光の噂を比較!
あくび光(あくびコミュニケーションズ)については様々なサイトで評判が書かれている。
そのようなクチコミ情報を比較してまとめてみた。
ちなみに、明らかに誹謗中傷の酷いサイトは飛ばしている。
比較的公平な目で見ているサイトを紹介する。

光コラボレーションサービス「あくび光」と、あくび光を運営する「あくびコミュニケーションズ」に関するクチコミや基本情報をまとめる。
あくび光とは?
ここでは「あくび光」について説明する。「あくび光」とはあくびコミュニケーションズ株式会社の提供する光コラボのサービスである。 これはフレッツ光の回線を使ったサービスである。 実際の回線自体はNTTのものを使用しているので安心感があるし、実際の品質は同じものである為に高い。ユーザーのメリットは面倒な支払いや問合せなどをひとつにできるということ、そして最大のメリットは、サービス提供会社が料金を決める事ができる為、料金が安い会社もあるということだ。 光コラボレーションサービスには多数の会社が参加し、サービスや価格の競争をしている。あくび光もその中のひとつである。





あくび光のリンク



  • 最終更新:2017-07-13 16:04:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード